はてブのまとめ

 ひゃっはー

                スポンサーリンク

チェチェン人がロシアではなくアメリカでなぜテロを起こしたのか【はてなN】

ボストン爆破テロ事件 チェチェンの痕跡: The Voice of Russiaはてなブックマーク - ボストン爆破テロ事件 チェチェンの痕跡: The Voice of Russia


  「私たちにはたくさんの疑問がある。その中には、なぜ米国で育ち、学び、私たちの社会の一員となった若者たちが、私たちの国でこのような暴力行為を実行したのだろうか?という問いがある。彼らはどのようにして計画し、このテロを実行したのだろうか?彼らはどのように援助を受けたのだろうか?無分別な行為の犠牲となった人たちの家族は、これらの疑問に対する答えを知る必要がある。負傷者たちも、その答えを知る必要がある。多くの負傷者は、立ったり、歩いたり、生活することをもう一度学びなおさなくてはならなくなった。」 

ボストン爆破事件テロの犯人はロシアのチェチェン共和国出身だった

全貌が明かされると思いきや謎が謎を呼ぶ事件となりましたね。
上記の引用はオバマ大統領のセリフなんですが、わざわざアメリカに渡ってきてアメリカでテロをする理由がわからないとのことです。
チェチェンは元もと、ロシアのほうでの過激なテロ組織と確認されています。
チェチェン共和国のカディロフ首長がうちとは関係ない。アメリカに犯行の根源があると言ってますが、幼少期に渡ったのであればそうですが、15歳という年齢を考えれば思慮深くなっているので完全にアメリカだけの原因ではないと感じます。

犯行の動機は本人にしかわからない

今現在、ボストンテロの犯人は喉を銃撃され喋ることすらままならない重症だそうです。
これだけロシアとアメリカで犯行の原因を探ってるにも関わらず出てこないってことは恐らく本人にしかわからない理由があるのでしょう。
次への事件をなくすためにも一日でも早く原因究明して欲しいですね。

おわりに

市民が巻き添えとなるテロにはすごく心が痛みます。テロ組織に予め目をつけてるのにこういった事件が起こるのですから、テロへの対策を見直す必要があるでしょう。日本でもいつか大掛かりなテロが起きる可能性がありますので。

広告を非表示にする
スポンサーリンク